薬局勤務薬剤師のランチ事情

薬剤師のランチ?と不思議なタイトルだが、薬剤師とはひっきりなしに続く患者の処方箋をさばき、食事をとる時間もほとんどないほどの過密な労働なのだと言うことを下記に記したい。

勤務薬剤師など薬局勤務者らに対する一回の食事代価一般的に500〜800円代であると聞いた事がある。

食事手当が出るなんてこの時代なかなかの高待遇だといえる。

首都圏の場合概略600〜800円に、その他地域の場合500〜600円程度が食事費用で支給されているらしい。

首都圏や地方によれば薬局に勤めている薬剤師など職員らに対する食事費用は地域的物価など特性により比例して適用されていていた。

首都圏地域は平均的に600〜800円、都心部では最大900円まで食代が支給されていた。

地方は首都圏より100円低い500〜600円になっているようだ。

確かに毎日の食事代、支給されればとても助かるが、実際その食事もとれない程の状況が薬剤師の労働実態のようである。

知人のある勤務薬剤師は"食事手当は一食を食べるのに不足な金額ではない、薬局で配慮してくれるのが大部分だ"と、"ただし昼休みが30分以内で短いのが薬局の都合上、困難が多いのが事実"と話した。

アポジョブの転職支援サービスは1人1人面接して合った職場をご案内しております。薬剤師支援転職 アポジョブ